デバイスプログラミング Value Addeded パートナーとして

株式会社ノアリーディング(略称:NOAL)プログラミング事業部では、デバイス書込みツールの世界標準機である米国Data I/O社PSV7000型やLumenXを擁し、お客様におけるFlashメモリ/マイコンの開発評価、イベント試作から大量量産にいたるデバイス書込み(プログラミング)全ての工程をサポートするパートナー企業です。

マルチベンダデバイス選定時の並行評価試験、UFS/eMMC等の大容量Flashメモリのファイルシステム設定、Flashマイコンのセキュア設定など開発試作段階で設計部門と連携して評価すべき項目が多くあります。弊社ではこれら小ロットの試作段階から書込みや評価サービスを提供することでお客様における本格量産での垂直立上げを可能としています。技術サポートが必要な場合にも安心してご相談願います。

また、DataI/O社の国内唯一のディストリビュータとしてお客様に最適な書込み装置の提案、新規デバイスへの対応を含み様々なサポートを提供しております。

トピックス / トレンド

  • UFS寿命試験定額キャンペーンを10月1日より開始します。寿命試験内容は、こちらをご参照下さい。試験サービスの予約および申込はこちらのページからお願いします。
  • 書込みサービスにおいて小ロットでもヒューマンエラーを防止しながら短時間で作業完了を行える「バーコードカンバンシステム」を自社開発し、「短TAT」、「小ロット」対応を実現しています。
  • テープ/テープ、最高3000UPH、低価格(<\10M)全自動プログラミングシステム「PSV2800」提供中。
  • 先端eMMC/UFS採用時寿命試験・信頼性試験の考えかた、試験フロー、弊社提供の試験サービスについて説明しました。>>詳細はこちら。
  • 自動メール送信お問合せフォーム(および簡単エキスプレス質問フォーム)をご用意いたしました。
    デバイス書込み装置に関連するご質問を簡単にお送り頂けるお問合せメールフォームおよび至急回答がほしい場合のエキスプレス質問フォームを用意いたしました。

ニュース

2021年09月29日
UFS寿命試験定額キャンペーンのご案内。
2021年08月25日
書込みサービスを「バーコードカンバンシステム」にて管理対応しました。
2021年04月13日
eMMC/UFS寿命・信頼性試験のサービス内容説明を掲載しました。
2021年03月30日
お問合せ/お急ぎ質問自動返信フォームを開設しました。
2020年08月01日
繰返しPV試験サービスの受託を開始しました。
» 続きを読む