Unisite・3900シリーズ保守契約の終了について

このたび、Data I/O社より旧製品(Unisiteおよび3900シリーズ)につきまして無償修理を含む保守契約の提供を2021年12月末日付けで終了する通知がありました。従来から提供してまいりました保守契約およびメーカ修理の終了によりお客様には大変ご不便をお掛けいたしますが何卒ご了承のほどお願い致します。

今後につきましては弊社独自で可能な範囲の対応をさせて頂く所存です。対応の内容につきましては、下記「Data I/O社製品保守契約及び修理サービス内容の改訂のお知らせ」と「2022年以降Data I/O社製品修理・保守・校正サービスのご提案」にてご案内致します。

ご不明点、ご質問などございましたらこちらの問合せフォームにご質問事項等ご記入の上送信お願いいたします。

Data I/O社製品保守契約及び修理サービス内容の改訂のお知らせ

Data I/O社製旧プログラマ製品につきまして、Data I/O社から無償修理を含む保守契約を2021年12月末日付けで終了する通知がありました。終了の理由は、保守部品の調達が困難となったためとのことです。
つきましては、弊社も従来のサービス内容を含む保守契約の更新を2021年12月末日にて終了させて頂きます。2022年以降については、下記の通り弊社にて可能な範囲でスポット修理や定期校正などのサービスを継続させて頂きますのでご了承のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

1. 保守契約改定内容:
下記対象製品につきましては、保守部品の調達が困難となっております。従いまして、2022年より保守契約にて提供できるサービスとしては、校正作業、運用・操作に関する技術サポートのみとさせて頂きます。修理については、次項でご提案のスポット有償サービスにて対応させて頂きます。
* 従来の保守契約の更新は、2021年12月31日までにご発注分で最終となります。
* 新規保守契約の詳細内容および価格は別途提案書にてお知らせいたします。
対象製品名: 3900、3980XPI、Unisite/UnisiteXPI、AutoSite

2. 修理作業改定内容:
下記対象製品につきましては、上記でご説明の通り部品の新規調達ができず、弊社で在庫の保守用ボードが無くなるまでの対応となります。弊社保守用ボードの在庫状況は修理をご依頼頂く前にご確認願います。
 * 新規スポット有償修理サービスの詳細内容および価格は別途提案書にてお知らせいたします。

Unisite・3900サポート終了後のお客様へのご提案

先に「 DataI /O 社製品保守契約および修理サービス内容改定のお知らせ」でお知らせいたしましたが、従来 Data I/O 社製旧プログラマ製品につきまして、メーカ における 無償修理を含む保守契約を 2021 年 12 月末日付け で終了 とさせて頂きます。 2022 年以降につきましては、 日本国内において弊社が保有する保守ボードの在庫がある 限りのスポット修理対応とさせて頂きます。弊社にて 2022 年以降提供可能なサービスと価格について以下の通りご 提案いたします。

弊社としては、お客様でご使用頂いている 39 シリーズ、 Unisite シリーズの修理保守 をできるだけ長く 提供できるよう 努力いたしますが、保守用ボードの在庫がなくなるまでの時限対応となりますことご理解頂きますようお願い申し上 げます。

1. 2022 年以降 保守契約:
  年間保守契約として、定期校正(年一回) および運用に関する技術サポートを提供いたします。
  修理に関するサービスは含みません。修理については、別途下記スポット修理サービスにて対応いたします。
  (対象製品名 3900 、 3980 XPI 、 Uni s ite UnisiteXPI 、 AutoSite)
  □ 製品名: UNISITE/39 シリーズ 校正保守契約 年一回の定期校正を 実施 ¥90,000(税別)
   *装置のセルフテスト及び弊社の入荷時に行う「 Calibulation テスト」にてエラーが発生した場合校正作業を辞退させて頂きます。エラーが     ピンカードの場合のみ下記のスポット修理実施後校正作業を実施致します。
  □ 旧製品(参考情報):UNISITE/39 シリーズ 年間保守契約 年一回ソフトウェア更新、ハードウェア無償修理                             (輸送費除く)                 \355,000 (税別)
            :年間保守契約と同時ご発注の校正サービス     ¥60,000 (税別)

2. 2022 年以降スポット 修理
  セルフテストでピンカードエラーの場合、弊社在庫ボードがある場合に交換修理を行い、セルフテストでエラーが発生しないことを確認します。   交換修理実施後 3 カ月以内にピンカードエラーが発生した場合は無償で再修理いたします。 3 カ月経過後は新規修理とし、有償での対応となり  ます。
  □ 製品名: Unisite ピンカード交換修理 (1 枚あたり)     ¥40 000(税別)
        39ファミリピンカード交換修理 (1 枚あたり)   ¥120 000(税別
    *修理をご依頼頂く前に必ず、 弊社に 保守用ボードの在庫の有無をご確認願います。保守用ボードの在庫がなくなり次第修理サービスは      終了とさせて頂きます。
    *交換修理後の校正は 付属 しません。別途校正サービスをご依頼ください。
  □ 旧製品(参考情報):  旧製品には修理に該当する製品はございません。

3. 書込み受託サービス:
  □ 書込み委託に対する対応も対応可能な場合が ございます。 ご希望の際には都度お問合せ願います。
  □旧製品 参考情報 旧製品には書込み受託サービスに該当する製品はございません。
                                                               以上